サチ子のこだわり

サチ子は、毎日お店のサラダを大量に作る。

ブリットの料理は、皿にボーンと

まるで、メイン料理のようにサラダがのっている。

「私はたくさんサラダ食べたいもん」

とサチ子のこだわり。

サラダ菜にキャベツが混ざっていると

定食屋のようでオシャレじゃないけど、

「キャベツ入ってないとおいしくない!!!」

とオシャレにしたい私にクギを刺す。

何個レタスを洗って、何個キャベツをスライス?

「おいしいサラダ食べて欲しいから、作り置きなし!」


お店が忙しいと、このサラダが仕事に追われる。

まあ、サチ子が追われてると言うことになる。

「ママさ〜ん!サラダないです〜!」

「ええ!もうないの?」

の繰り返し。

時には、サラダ待ちで料理が出せない!

なんてことも。

でも、サチ子は毎日おいしいサラダの為に文句も言わず頑張っている。

72才のサチ子が頑張ってるから、スタッフも私も頑張れる。

時々、お客さんが

「ここのサラダおいしいよ。シャキシャキしてるし」

とお友達にすすめてるのを聞く。

私は、サチ子の頑張りを知ってるからなんか嬉しい。

毎日、サラダに追われながら笑い転げているサチ子だ。

c0128487_00333027.jpg
c0128487_00343407.jpg



[PR]
by britbowl | 2017-09-21 00:10