サチ子、ホールを張り切り過ぎて、足痛めた。

ある忙しい日。

スタッフ不足もあって、

洗い場からホールへ出て行ったサチ子。

いつも、

「私はお客さんをよく見てるからね。

私のホールは誰よりもいいよ。」

と言っている。

サチ子が、お客さんのオーダーをとると

「私の人、もう料理出た?」

「ええ!まだ出てないの?」

「早くしてよ!」

と自分がオーダーをとった人が、料理待たされてないか

必ずチェックする。

うん、これはスタッフみんなに真似してほしいところ。


さらに

「あの人もこの人もみんな水が空っぽ」

と言いながら、水のピッチャーを持っていく。


席が片付いてないのも、

「ぜんぜん片付いてない!

と言いながら、とっとと片付けてくる。


伝票も持たずにウロウロしてるから、

オーダーも、暗記してブツブツ言いながら厨房に戻ってくる。

「忘れちゃう、忘れちゃう!」

何かサチ子に喋ろうものなら

ジェスチャーで、首を振り、

「話しかけるな」のそぶり。

「唐揚げ、ワンです〜」

とオーダーを通した後、伝票を書いている。

72歳、まだまだ!!


翌日、

「ホールやり過ぎて、足が痛い。。、やられた。。。」

とトーンダウン。

医者に行く。

「もう歳なんだから張り切り過ぎちゃダメだよ!

って先生に言われた。」

シップを貼って数日後に完治。

スクワットするといいよ、と言われたらしい。

c0128487_19051922.png

スクワットしてるけど、手は頭の後ろだった〜!!!




[PR]
by britbowl | 2017-11-22 18:34